厳しい中高年の再就職



難しい現実

 

 

中高年が再就職しようと思っても、希望する企業に就くのはかなり難しいでしょう。高校や大学を卒業してすぐに正社員として働こうと思っても、採用されるのが難しくアルバイト生活をしている人もたくさんいます。そんな中で中高年を採用してくれる企業はほんの一握りほどしかないのです。

 

 

中高年専門の求人誌なども販売されていますので、利用しながら再就職先を探している人も多いと思いますが、一般的に販売されている求人誌と比べて、中高年向けの求人誌はとても薄いのです。それだけ採用してくれる企業が少ないということです。職種も極端に偏っています。

 

 

中高年が希望する職種に再就職したいと思っても、かなり難しい現実があるというのがおわかりになるかと思います。中高年になっても自分のスキルアップをはかりたいという人は多くいますが、企業は仕事経験や実力も単純に労働力を求めているのです。

 

 

単純で体力をあまり必要としない仕事などは、中高年でも採用してくれますが、単価は高くはありません。中高年の再就職といっても年齢を考慮して給与を決めるわけではありませんので、単価が安く長時間労働という企業が多いのです。ビルの管理や警備という仕事もありますが、何か資格を取得しておいたほうがいいかもしれませんね。